着物の生地の種類について

綺麗な和服

着物を着るには生地が必要です。行事の時(訪問着など)にしか着けていく機会しかないのですが、今でも着けていく人も居るので、生地の種類を説明しながら紹介していきいと思います。
生地の種類の中で毛織物のウールというものがあります。厚い生地でできていて、着物と羽織などに使うもので、夏になるとサマーウールと言われているものが着られて、シミとシワがつきにくいほど丈夫なのが特徴です。
お召しという生地はウールという生地と同じく着物や羽織などに使用される物で、特徴としては先練りや先染の高級の絹織物で、種類は縫い取りお召や上布お召などがあります。湿気に弱いという欠点もありますが、体に馴染みやすく、裾さばきがいいものです。

唐織りというのは、帯や能装束に使われているもので、刺繍のような感じで模様が浮きでていて、華麗な先染めの織物で重圧感があるのが特徴です。厚い生地ではりがあります。
塩瀬と言われている生地は、帯や半襟などに使われています。「塩瀬羽二重」と言われている平織りの絹の織物なのが特徴で、厚い生地のしなやかで、帯にすると締めやすいのが風合いです。

紗という生地は振り袖・着物や帯や襦袢などにつかわれていてきめが粗い絹の織物で、2つの経糸を左右両方に位置を変えて、隙間が作られているもじり織りと同じ種類で、透けているもので、生地は薄くて軽い夏という季節に一番似合う生地です。

その他の生地の種類について

着物を着る女性

繻子とうい帯や足袋につかわれている生地で、その特徴は柔らかくて肌ざわりがいいのですが、長い糸が浮くので擦り切れやすく摩擦に弱いのが欠点です。
上布という生地は着物や帯につかわれています。細い上質な糸で織られている麻の布で、高級品ですが、普段着や街着用です。また上布という白生地は先染め絣と後染め用の両方があります。

縮は着物などにつかわれている生地で、絹や麻などの素材の種類がたくさんあり、特徴としては強い糸を使っておられていて表面にはしぼというものがあります。肌触りがいいでこぼこしている夏にお似合いの生地です。
縮緬はちりめんと呼ばれていて、着物や帯などにつかわれている生地で、高級感の表面にはしぼが細かいのが特徴でフワフワとしていて柔らかくて、体に気持よく馴染んでしまうのです。

つづれおりと呼ばれている綴織りは帯につかわれています。まるで額縁に飾られているような自由な模様表現の織り方がされていて、糸が色の境目で繋がっていないのが特徴で、隙間ができていて「はつれ穴」と言われているものです。しっかりしている生地です。
つむぎと読む紬は着物や帯や鼻緒などにつかわれています。これも高級感(振り袖・訪問着には特に多い使用です。)がありますが、紬糸出織られているのが特徴で、暖かい生地です。

注意

綺麗な着物

どんすと言われている緞子は帯につかわれていて、特徴としては模様がはっきりした絹の織物で、先染めと後染の2つにわかれている生地で柔らかく手触りがいい生地です。振り袖や訪問着にも愛用されていますね。
錦織りというのは帯やバッグや鼻緒などにつかわれている生地で、たくさんの色んな色の糸で模様を表しているのが特徴です。厚手の生地が多いものです。
芭蕉布と呼ばれているものは着物や帯などにつかわれている糸芭蕉の裂いた繊維を手で結んで糸で作られている沖縄の夏用の生地なのが特徴でハリが強くて涼しいです。

はぶたえと読む羽二重は着物や帯や半衿などにつかわれていて、体に馴染みやすい生地でかなり上等な絹の織物で平織りが特徴です。
ポリエステルというのは普段の洋服などにつかわれているのをよく見かけます。その生地は着物の半衿などに使われている化学繊維の生地で普段着用になります。シミがつきにくい丈夫なもので、張りがあって軽いものです。
木綿は浴衣や足袋などにつかわれている綿花で作られた糸で織っているポリエステルと同じく普段着用の織物です。

羅は帯や夏用の着物などのコートに使われていて、透けている先染めが多い絹の織物です。シワがつきにくくかなり涼しい生地です。

着物生地の種類や大切さについて

豪奢な和服

他にもりんずという綸子は着物や襦袢や帯揚げなどにつかわれていて、絹の輝いていて地紋で織られている絹の織物なのが特徴の生地で手触りのいい薄くて柔らかいものです。
絽と呼ばれている生地は着物や襦袢や半衿や帯などに用いられている薄くて夏用になっていて、絹や綿などの素材で織られているものです。夏生地の中で代表の生地です。

このように着物はいろんな生地から作られていて、伝統文化を伝えていくことの大切さが伝わってきます。その文化を大事にすることが私達の役目なのだなと感じました。
着物は着ていく場所が決まっていてそれを学びながら知るのも大切だと思います。振り袖の用途も訪問着の用途も学ぶ必要があるでしょう。それを学びながら知れば結婚披露宴やパーティなどに出かけるときに困らないからです。
着物を着るのは、伝統文化を大事にしている証拠で、忘れてはいけない大切なことだと思っています。これから伝統文化を大事にしていろんな人に伝えていけたらなと感じています。